表側矯正(唇側矯正)

labial-orthodontics

  1. Home
  2. 診療内容
  3. 表側矯正

表側矯正(唇側矯正)とは

表側矯正とは、それぞれの歯の表側の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を接着し、その装置にワイヤーを通して歯並びを矯正していく治療方法です。これを「マルチブラケット」もしくは「マルチブラケット装置」と言います。また、表側矯正は「マルチブラケット装置矯正」と呼ばれることもあります。ブラケットの素材は、昔は金属製のものしかありませんでしたが、近年では透明なものになっていたり、ワイヤーも形状記憶合金のものが登場したりしていますが、基本的には昔からある矯正治療であり、今でも主力の矯正治療方法です。

表側矯正(唇側矯正)の仕組み(特徴)

大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正(唇側矯正)の仕組み(特徴)

歯に装着したブラケットにワイヤーを通し、ワイヤーがまっすぐに戻ろうとする力や、あるいは矯正医が動かし対方向にワイヤーを曲げて調整を行い、その力で歯を適切な位置へ動かして治療していきます。

ブラケットの接着ポジションや、ワイヤーの選択、またワイヤーの屈曲させるテクニックなど、治療を施す歯科医師の技量が最初から最後まで大きく影響します。

正しいトレーニングを大学で受けてきたのか、また治療経験は豊富なのか、あるいは経験値だけでなくセンスが大きく問われる治療になります。

表側矯正(唇側矯正)の器具の説明

大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 ブラケット 矯正装置

歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を生体親和性の高い接着剤を用いて接着します。昔はギラギラと目立つ金属製のものしかありませんでしたが、現在では白や透明の素材のものが豊富に存在します。

使用するワイヤーも形状記憶合金のものが登場してから、初期の動的治療は格段にスムーズになりました。

しかしながら、抜歯スペースの閉鎖や、最終的な嚙み合わせの調整にはワイヤーの屈曲が今でも欠かせず、矯正専門の歯科医師の技量が試される治療になります。

表側矯正(唇側矯正)のメリット

1治療できる範囲が広い

表側矯正は、ほとんどの歯並びを治療することができます。装置の種類や設計が豊富なことから、適応できる範囲が極めて広くなっています。

2発音障害が起こりにくい

ブラケットと矯正用ワイヤーが歯列の表側に設置されているので、舌の運動が制限されず、発音障害も起こりにくいです。食事の際にも邪魔になることがありません。

3その他の矯正法よりも費用が安い

表側矯正は、マウスピース型矯正装置や裏側矯正と比べると、費用が安い傾向にあります。

他の矯正法との比較

大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 他の矯正法との比較

マウスピース矯正装置であるインビザラインに対し、装置が見えてしまいます。また、歯に装置が接着されていますので、歯や装置が非常に汚れやすく、日々の歯ブラシは頑張っていただく必要があります。

また、あらゆる方向に自在に力をかけられる半面、マウスピース矯正に比べて力が強くかかりやすいので、痛みは強くなりやすい傾向にあります。その分、細かな調整が可能なので治療結果のクオリティを高められます。

表側矯正(唇側矯正)で歯が移動する仕組み

大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正で歯が移動する仕組み

不正咬合の状態の歯並びは、それぞれの歯に段差があったり傾いていたりします。そこにブラケットを装着しワイヤーを通すと、形状記憶合金のワイヤーが様々な方向に曲がって装着される状態になります。すると形状記憶合金ワイヤーがまっすぐに元にもどろうとしますので、その力がそれぞれの歯に加わり、その力の方向に歯が動かされる仕組みです。形状記憶合金ではなくても、矯正専門の歯科医師が屈曲したワイヤーを装着することにより、歯科医師の考えた方向に適切な力が加わり歯が動いていきます。

表側矯正(唇側矯正)の治療症例

治療症例01.29歳/女性

治療前
  • 正面から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療前の正面から見た状態
  • 真横から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療前の真横から見た状態
治療後
  • 正面から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療後の正面から見た状態
  • 真横から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療後の真横から見た状態
診断名 前歯部の叢生を伴う歯性下顎前突
治療方針 抜歯によるマルチブラケット治療
治療期間 2年1ヶ月
治療費用 2年保証プラン 770,000円(税込)
コメント よくある叢生の症例です。下顎の叢生が強く、また前歯の突出感や口もとが出ていることを気にされていたので抜歯による治療を選択しました。前歯の角度は適正になり、歯並びのアーチのシェイプもスラリと綺麗になりました。お顔立ちもスッキリとされ、大変ご満足いただけたようです。

治療症例02.15歳/男性

治療前
  • 正面から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療前の正面から見た状態
  • 真横から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療前の真横から見た状態
治療後
  • 正面から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療後の正面から見た状態
  • 真横から見た状態
    大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正 治療後の真横から見た状態
診断名 前歯部の叢生を伴う歯性上顎前突
治療方針 抜歯によるマルチブラケット治療
治療期間 2年5ヶ月
治療費用 2年保証プラン 770,000円(税込)
コメント 珍しい形の叢生症例でした。叢生の具合や前歯の角度から考えても間違いなく抜歯であると診断しました。叢生を解くのに少々時間がかかりましたので、結果として治療期間はやや長めになってしまいましたが、治療のクオリティとしては大変良い結果となっています。

表側矯正(唇側矯正)の向かない人(デメリット)

大阪の矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 表側矯正の向かない人

歯に直接ブラケット装置を装着しますので、歯や装置周りが常に汚れやすく虫歯や歯周病のリスクが高まります。ですので、もともと歯の清掃状態の良くない方や、幼少期の頃に清掃状態が悪かった方は虫歯のリスクが高い状態にありますので、そういった方には注意が必要になります。

またブラケットが脱離してしまうというようなアクシデントは時々起こり得ますので、お仕事が忙しい方などはあらかじめご考慮いただいている方が良いかもしれません。

表側矯正(唇側矯正)の治療の流れ

検査、診断までは他の治療方法と同じです。

診断から最初の装置装着のご予約までにはだいたい1カ月くらいかかるのが通常です。

表側矯正(唇側矯正)の治療費用

表側矯正

表側矯正とは、それぞれの歯の表側の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を接着し、その装置にワイヤーを通して歯並びを矯正していく治療方法です。ブラケットの素材は、昔は金属製のものしかありませんでしたが、近年では透明なものになっていたり、ワイヤーも形状記憶合金のものが登場したりしていますが、基本的には昔からある矯正治療であり、今でも主力の矯正治療方法です。

治療にかかるおおよその期間 2年~3年

※個人差がございます。

メニュー 費用(税込) 備考
初回相談 無料 矯正治療に関する初回相談を無料で承っております。口腔内3Dスキャナー「iTero」を使用して口腔内をスキャンし、そのデータを一緒にご覧いただきながら患者様のお悩みやご要望をお伺いします。
検査料 55,000 初回相談での3Dスキャンに加え、口腔内撮影およびレントゲン撮影による資料採得を行います。
口腔内やお顔の写真撮影、レントゲン、各種精密検査を行います。
調整料 5,500 月に1回程度の定期的な通院の際に発生します。お口の状態を確認し矯正装置の調整やメンテナンスなどを行います。
保定装置料 55,000 装置を外した後の後戻りを防ぐために、リテーナー(保定装置)と呼ばれる後戻りを防ぐ装置を使用します。
+
技術料 全体矯正 長期保証
プラン
990,000 追加の技術費用および装置費用がかかることなく矯正治療を受けることができるプランです。詳しくはこちら
2年保障
プラン
770,000 治療完了後、後戻りに対する再治療を2年間にわたり保証いたします。詳しくはこちら
保証なし
プラン
550,000 治療後の後戻りに対する再治療の保証がないプランになります。詳しくはこちら
部分矯正 ライト
385,000 中等度の症状に対する矯正です。専門医が判断いたします。
ミニマム 275,000 軽度の症状に対する矯正です。専門医が判断いたします。

表側矯正(唇側矯正)のQ&A

Qなぜ表側矯正(ワイヤー矯正)はなぜ治療できる範囲が広いの?
Aワイヤーにかける力で歯を動かすので、基本的には歯をどの方向にも動すことができます。また、大きな力をかけることができるので治療の適応範囲が広いです。
Q表側矯正(ワイヤー矯正)はインビザライン(マウスピース)より痛い?
A強い力をかけないと動かすことができない歯に合わせてしっかりと調整するので、他の歯にも強い力がかかり、人によっては痛みを強く感じることがあります。マウスピース矯正の場合は動かしたい歯に適切に必要なだけの力をかけることができるので軽度~中度の症状でしたら強い痛みを感じることは少ないです。
Q表側矯正(ワイヤー矯正)とインビザライン(マウスピース矯正)、どちらが自分に合うでしょうか?
A歯並びの状態や、どんな歯並びになりたいかによって変わりますが、マウスピース矯正では適応できない歯並びの症状であった場合や、大きく歯を移動する必要がある場合はワイヤー矯正の方が向いています。実際にクリニックにきていただきましたら、しっかりカウンセリングを行ってご要望を伺い、相談の上決めさせていただきます。迷っておられることなどあればぜひご相談ください。