大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)

invisalign

  1. Home
  2. 診療内容
  3. インビザライン

インビザライン(マウスピース矯正)とは

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)

透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを綺麗にする治療方法です。 一人ひとりの歯に合わせて作製されるアライナーを装着し、治療の段階に合わせて新しいアライナーに交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 悪い歯並びがコンプレックスになっている
  • 矯正治療で痛い思いをしたくない
  • 矯正中であることを気付かれたくない
  • 矯正中の虫歯や歯周病が不安
  • 矯正装置による金属アレルギーが心配

インビザライン2年保証プラン価格

治療費目安800,000

頭金あり/30万円

ローン60回(5年)払い利用

8,984円×60回

※金利3.0%の場合
※ボーナス払い併用無しの場合

頭金無し

ローン84回(7年)払い利用

10,571円×84回

※金利3.0%の場合
※ボーナス払い併用無しの場合

インビザライン長期保証プラン価格

治療費目安1,000,000

頭金あり/30万円

ローン60回(5年)払い利用

12,578円×60回

※金利3.0%の場合
※ボーナス払い併用無しの場合

頭金無し

ローン84回(7年)払い利用

13,213円×84回

※金利3.0%の場合
※ボーナス払い併用無しの場合

インビザライン(マウスピース矯正)の仕組み(特徴)

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)の仕組み

インビザライン(マウスピース矯正)が他の矯正装置と違う点は、「目立ちにくい」そして「取り外しができる」ということ。食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。 矯正装置は、患者様ご自身で交換していただく必要があるので、患者様の自己管理がとても大切です。マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

インビザライン(マウスピース矯正)の器具の説明

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)の器具の説明

ほぼ透明のマウスピース型の矯正装置(アライナー)です。 一人ひとりの歯に合わせて作製されるアライナーを装着し、治療の段階に合わせて新しいアライナーに交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正していきます。歯には基本的に接着する装置はありませんが、小さなアタッチメントと呼ばれる突起を接着する場合があります。歯の動かし方に合わせてアタッチメントをつけるかつけないか、綿密な設計によりデザインされます。他の矯正装置による治療とは違って食事の際には装置を取り外せるので、食べ物が装置に挟まったりくっついたりする心配がありません!これまでと同じように食事を楽しむことができます。

インビザライン(マウスピース矯正)のメリット

1装置が目立たない

インビザラインのアライナー※は、マウスピース型矯正治療で、器具が透明な樹脂で作られています。装着していても目立たず、矯正中であることに気付かれにくいです。

2自分で取り外しができる

ご自身で着脱が可能ですので、お食事の際にマウスピースを外していただけます。

3お手入れしやすく清潔に保つことができる

歯磨き等を通常通りしていただくことが可能ですので、口腔内環境を清潔に保つことが可能です。

4痛み・違和感が少ない

インビザラインでは、比較的弱い力で歯を移動させることから、治療に伴う痛みも少ない傾向にあります。

5通院頻度が低い

2ヶ月に1回くらいの頻度で治療を進めていくことができます。従来の歯列矯正と比較すると、通院頻度は低いといえます。

6金属アレルギーのリスクがゼロ

インビザラインのアライナー※には、金属が含まれていません。矯正装置による金属アレルギーを心配する必要もなくなります。

7トラブルが起こりにくい

表側矯正のマルチブラケット法※では、ブラケット※が外れたり、ワイヤーが歯肉を傷つけたりするなど、トラブルが起こることもあります。一方、マウスピース型矯正装置は、構造がシンプルでトラブルに悩まされることも少ないです。

8ライフスタイルに自由度がある

ご友人とのお出かけの際などは、お昼間1~2時間程度であればマウスピースを外して過ごすということも可能ですし、結婚式をお控えの方ですと、前撮りや結婚式当日はマウスピースを外していただけますので、矯正治療中であっても自由なライフスタイルを送っていただけます。

  • アライナー…矯正装置
  • マルチブラケット法…歯の表面にブラケットという装置を装着し、連続的にアーチ型のワイヤーを組み込んで3次元的に調節していく方法。
  • ブラケット…歯に装着する、ワイヤーを通すための装置。

※従来の矯正法との比較

  インビザライン
表側矯正
裏側矯正
審美性
着脱 × ×
痛み・不快感 ×
金属アレルギー × ×
お手入れ
治療費

マウスピースで歯が移動する仕組み

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 マウスピース

マウスピースの交換頻度は、1~2週間に一度です。1つのマウスピースで移動するのは、150ミクロン(0.15mm)~250ミクロン(0.25mm)程度です。極めて緩やかですが、痛みや不快感を抑制しながら確実に歯を移動させることが可能です。患者様は、歯科医師の指示通りにマウスピースを取り扱い、交換していくことで着実に歯の移動が起こっていきます。

iTero element(アイテロエレメント)について

インビザラインによる歯列矯正では、iTero element(アイテロエレメント)と呼ばれる3Dスキャナーを用います。小型のヘッド部分をお口の中に挿入してスキャンするだけなので、従来の型取りのような不快な思いをすることはありません。短時間で精密な歯型のデータが得られます。

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 iTero element(アイテロエレメント)

iTero element(アイテロエレメント)の特徴

・印象材による型取りが不要
シリコーンゴム印象材を使った不快な型取りを行う必要がありません。
・10分程度でスキャンできる
歯列全体のスキャンは10分程度で完了します。
・スキャンと同時にデータ化できる
シリコーンゴム印象材を使った不快な型取りを行う必要がありません。
・アメリカへ歯型を輸送しなくてよい
従来法では、採得した歯型をアメリカへ輸送する必要がありました。アイテロエレメントなら歯型の データを瞬時に送信できることから、マウスピース製作にかかる期間を大幅に短縮できます。

クリンチェック(Clincheck)について

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 クリンチェック治療計画

検査により採得された資料をもとに治療計画を作成するのですが、インビザライン治療の治療計画においてもっとも重要になるのがクリンチェックと呼ばれる治療計画作成システムです。これは、インビザライン社が開発した治療計画システムで、これによりAIによる治療計画の補助をうけながら精密なシミュレーションを作成することができます。非常に優れたシステムですが、ここに落とし穴があります。多くのクリニックでは、この治療計画をクリンチェックのAIにまかせきりの状態で、およそ治りそうもないシミュレーションをそのままに治療開始へと進んでしまっていることが多いのです。

治療計画はあくまでも専門医による精密な診査や治療経験からくる正しい診断をもって作成されなければなりません。AIはあくまでもAIですので、それをうまく利用しながら正しく精密にデザインされて初めて正確なシミュレーションができあがるのです。

インビザライン(マウスピース矯正)の治療症例

治療症例01.29歳/女性

  • 治療前
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)治療前
  • 当院に導入しているiTero element(アイテロエレメント)で口腔内を丁寧にスキャンし、そのデータをもとに3Dシミュレーションソフトであるクリンチェックを使用し作成したデータ。
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 iTeroエレメント(アイテロエレメント)で口腔内をスキャンしたデータ
  • 治療後
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)治療後
診断名 前歯部の叢生を伴う歯性下顎前突
治療方針 非抜歯によるインビザライン治療
治療期間 1年9ヶ月
治療費用 長期保証プラン 1,052,700円(税込)
コメント かなり厳しめの叢生であり、なおかつ反対咬合の状態でした。ただ、臼歯部の幅を見ると拡大する余裕があり、そして口もとの雰囲気がもともとスッキリしておられる方でしたので、できれば抜歯せずに治すのが良いと考えました。クリンチェックによるシミュレーションを何度も修正して治療計画を作成しました。結果的にこの方は、クリンチェックのシミュレーション通りに治療が進み、一度もアライナーのセットを作り直すことなく治療終了となりました。クリンチェックの予測とほぼ同じ治療結果が得られていることに注目していただきたいです。治療計画が正しければこその結果であると言えます。

治療症例02.20歳/男性

  • 治療前
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)治療前
  • 当院に導入しているiTero element(アイテロエレメント)で口腔内を丁寧にスキャンし、そのデータをもとに3Dシミュレーションソフトであるクリンチェックを使用し作成したデータ。
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 iTeroエレメント(アイテロエレメント)で口腔内をスキャンしたデータ
  • 治療後
    大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)治療後
診断名 上顎右側犬歯の低位唇側転移を伴う叢生
治療方針 非抜歯によるインビザライン治療
治療期間 1年7ヶ月
治療費用 長期保証プラン 1,052,700円(税込)
コメント 典型的な八重歯の症例です。叢生の具合から抜歯を選択しました。インビザライン治療は抜歯が苦手だと考えられがちなのですが、決してそうではありません。治療計画を正しく作製すること、正しい診断ができること、これこそがインビザライン治療では最も重要です。
この症例もクリンチェックで作製した治療計画通りに治療が進み、治療期間も比較的短くすることができました。下顎前歯に少しだけブラックトライアングルが出来てしまいましたが、これは最初の前歯の重なり具合が強いとこのようになりやすい傾向にあります。IPRなどをすればもう少し改善することが可能でしょう。僅かに歯の隙間を削ることになりますので、患者様とのご相談ということになります。

医師よりメッセージ

細かな仕上げに関してはやはり従来のワイヤー矯正治療が有利ですが、現在ではインビザラインの進化は目覚しく、このようなレベルまで仕上げることが可能となっております。

インビザラインによる矯正治療で最も重要なのはやはり診断力です。インビザライン社の開発によって治療予測AIは進化を重ね続けていますが、それを鵜呑みにしてしまっているドクターが多いことが非常に問題となっています。ワイヤーテクニックが必要とされない治療であるため、一般の歯科医師や一般歯科クリニックが手を出しやすいわけですが、AIはあくまで治療のための補助であり、正しく診断予測するのはやはり矯正歯科医師の重要な役割です。しかしながら、クリニックが、業績を増やしたいがために安易にマウスピース型矯正治療に手を出すケースが後を絶たず、全国的にトラブルが頻発しているのが現状です。それらはみな、正しく矯正歯科学を学んだりトレーニングを重ねたりすることなく矯正歯科の分野に手を出しているクリニックで起きています。

患者様にそれらを見分けるのは困難なことかもしれませんが、ぜひ一度、矯正歯科専門の淀屋橋矯正歯科にご相談にお越しください。矯正歯科治療は最初回の治療が非常に重要です。皆様が正しい矯正歯科治療を受けていただけることを強く願っております。

インビザライン(マウスピース矯正)の向かない人(デメリット)

大阪 矯正歯科 淀屋橋矯正歯科 インビザライン(マウスピース矯正)の向かない人

インビザラインは、透明のマウスピース型の装置を着用することにより初めて歯が動いていきます。当然ながらマウスピースを着用していただかないと矯正治療は進んでいきません。毎食時に着脱する必要があり、それが面倒だと感じる方は向いていないかもしれません。ただ従来のワイヤー矯正治療であれば、逆に毎食後の歯磨きは歯ブラシを二つ使い分けてしっかりと頑張っていただく必要があり、それはそれで患者様にはご負担となるかもしれません。また、過去に虫歯をたくさんお作りになり、銀歯などの修復物が多い方も注意が必要です。インビザライン矯正が可能かどうか、一度ご相談にお越しいただけると丁寧に説明させていただきます。

インビザライン(マウスピース矯正)の治療の流れ

マウスピース矯正の治療ステップも従来の矯正治療と同じように、先ずは初診相談から始まります。

治療の主な流れは、

となります。患者様専用に作製された矯正装置(アライナー)を装着します。 治療開始時には、アライナーの着脱方法やお手入れ方法、注意事項などをドクターが患者様に説明します。アライナーは、装置の種類によって違いますが、1日に装着する時間が決まっています。指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。

インビザライン(マウスピース矯正)の治療費用

当院のインビザライン治療には様々なプランをご用意しております。部分矯正が可能な症例でしたら治療費用を抑えることができるでしょう。全顎的な治療になる場合は、治療後の後戻りに対する保証の有無や期間によって3つのプランにわけられています。カウンセリングで適切なプランをご相談ください。

infisalign full

透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを綺麗にする治療方法です。 一人ひとりの歯に合わせて作製されるアライナーを装着し、治療の段階に合わせて新しいアライナーに交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正します。

治療にかかるおおよその期間 1年半~2年半

※個人差がございます。

メニュー 費用(税込) 備考
初回相談 無料 矯正治療に関する初回相談を無料で承っております。口腔内3Dスキャナー「iTero」を使用して口腔内をスキャンし、そのデータを一緒にご覧いただきながら患者様のお悩みやご要望をお伺いします。
検査料 55,000 初回相談での3Dスキャンに加え、口腔内撮影およびレントゲン撮影による資料採得を行います。
口腔内やお顔の写真撮影、レントゲン、各種精密検査を行います。
調整料 5,500 月に1回程度の定期的な通院の際に発生します。お口の状態を確認し矯正装置の調整やメンテナンスなどを行います。
保定装置料 55,000 装置を外した後の後戻りを防ぐために、リテーナー(保定装置)と呼ばれる後戻りを防ぐ装置を使用します。
+
技術料 全体矯正 長期保証
プラン
1,052,700 追加の技術費用および装置費用がかかることなく矯正治療を受けることができるプランです。 詳しくはこちら
2年保障
プラン
880,000 治療完了後、後戻りに対する再治療を2年間にわたり保証いたします。詳しくはこちら
保証なし
プラン
715,000 治療後の後戻りに対する再治療の保証がないプランになります。詳しくはこちら
部分矯正 ライト
385,000 中等度の症状に対する矯正です。専門医が判断いたします。
ミニマム 220,000 軽度の症状に対する矯正です。専門医が判断いたします。

インビザライン(マウスピース矯正)のQ&A

インビザライン公式サイトより引用】

Q歯列矯正を受ける時には、どんな歯科医を選べば良いのでしょうか?
A歯列矯正治療を受けられる歯科医院は簡単に分けると「総合歯科医院」と「矯正専門歯科医院」があります。総合歯科医院では、子どもから大人、シニア世代の様々な口腔ケアを行います。歯列矯正の他に、虫歯治療等の一般歯科、または予防歯科などの幅広い治療を行う場合があります。歯列矯正専門の歯科医院では、「歯の矯正を専門に行う歯医者さん」が治療を行います。
歯列矯正治療は、その担当医師の経験などによって提案する治療方法も異なってきます。また矯正に使用される機材も年々改良され、伴って治療の技術も年々進化していきます。 マウスピース矯正は新しい治療装置ですので、治療を受けることが出来る歯科医院は限られています。
Q治療期間はどれくらいですか?
A治療期間は矯正歯科医の治療方針や治療計画等によって異なりますが、ワイヤー矯正装置も、マウスピース矯正装置も治療期間はほとんど変わりがないと矯正歯科医より報告されています。自分に合った治療法が理解できるまで、しっかり歯科医師に質問をし、納得した上で、自分に合った治療法、歯科医院を選ぶことをおススメします。
Q治療できる範囲は限られていますか?
A・ワイヤー矯正装置の場合/治療の適用範囲に制限は設けておりません。但し、担当医の治療方針等によって対応できる範囲が異なるため、詳しくは矯正歯科医へご相談ください。
・マウスピース矯正装置の場合/ワイヤー矯正装置と同様に、治療の適用範囲に制限は設けておりません。但し、装置の種類及び、担当医の治療方針等によって対応できる範囲が異なる場合がありますので、詳しくは矯正歯科医へご相談ください。
Q虫歯や歯周病、歯が抜けている人もできますか?
A検査の時に歯科医師が診断します。矯正治療のプランはお口の状態に合わせて立てていきます。矯正装置をつける前に虫歯や歯周病の治療を済ませる場合が一般的ですが、矯正治療を考えている場合には、最初に矯正歯科医のもとへ受診されることをおすすめします。
Q過去に矯正した歯並びの再治療はできますか?
A一度治療が終わった歯並びでも、年齢の経過とともに後戻りが起きる場合があります。特に、成人矯正は、こういった後戻りした人も対象となります。矯正歯科医のもとへご相談されることをおすすめします。
Q歯は抜かずに矯正はできますか?
A検査の時に歯科医師が診断します。歯並びによって、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。また、歯並びによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。治療方法によるメリットやデメリットをよく聞いて、ご希望に合ったプランを矯正医と検討し、決定していくことをおすすめします。
Q矯正治療に痛みはありませんか?
A痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピース矯正は一般的に、従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーによる痛みや不快感が少ないと矯正歯科医より報告されています。