過蓋咬合

deep-bite

  1. Home
  2. よくない歯並び
  3. 過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう) ※咬み合わせが深い とは

上下の前歯のかみ合わせが深すぎる状態で、上の前歯によって隠され、下の歯がほとんど見えていないような不正咬合のタイプです。前歯に特に強い負荷がかかるため、前歯の寿命が短くなります。

過蓋咬合の症状

過蓋咬合

上の前歯が下に突き出している場合や、あるいは下の前歯が上に突き上げて噛みこんでいるような状態もあります。いずれにしても下の前歯が見えないあるいは見えにくい状態で、強い負荷によって前歯がすり減り、歯の形が大きく削れてしまっていたりします。

過蓋咬合の問題

前歯の寿命を短くしてしまうのは非常に問題です。また早期に改善するようアプローチしておかないと、どんどん前歯がすり減ってしまいますので、矯正治療後の前歯の歯並びのクオリティが悪い仕上がりになってしまうこともあります。

過蓋咬合の治療方針

かみ合わせの高さを適正な状態に改善する必要があります。奥歯を虫歯にしてしまっていたりすると、歯の詰め物の形も正しく作れません。矯正治療によって正常なかみ合わせの高さにして、歯並び全体の力のバランスをとることがとても重要です。

治療症例

こちらは小児の患者様の症例です。噛む力が強く、噛み合わせが深くなっております。取り外し可能な装置を用い、前歯の噛み合わせの高さのコントロールと、すきっ歯や叢生に対するコントロールを平行して行って治療しました。夜間のみの装置の使用でこのように十分な治療結果を獲得しています。小児矯正(第1期治療)も的確な診断と適切な装置の設計を行うことで、成人矯正(第2期治療)の治療のクオリティをより高められることになり、非常に重要な矯正治療であると言えます。

治療前

正面から見た状態
過蓋咬合 治療前の正面から見た状態
真横から見た状態
過蓋咬合 治療前の真横から見た状態
→ ↓

治療後

正面から見た状態
過蓋咬合 治療前の正面から見た状態
真横から見た状態
過蓋咬合 治療前の真横から見た状態

診療内容