口ゴボ 治療について 治し方とビフォーアフター 驚きの変化!

矯正コラム

口ゴボ 治し方とビフォーアフター 驚きの変化!

今回のテーマは「口ゴボ」です。出っ歯や八重歯と並んで、歯並びのお悩みランキングの1位争いに入りますね。ずっと悩んでおられたみなさん、「口ゴボ」は治せます。今回の動画でしっかりビフォアアフターをお見せしますね。

口ゴボってなに?

まずは「口ゴボ」とはどういう症状のことを言うのか、その定義ですけれども、口元(唇の周りの範囲のこと)がもっこり膨らんでいるような雰囲気のことを「口ゴボ」と呼んでいます。正式な矯正歯科の用語ではありませんが、一般的にこの口ゴボという呼び方が定着していますね。出っ歯の方はたいがいこの口ゴボになっていますし、八重歯の方も口ゴボになってしまっている時もあるでしょう。中には、歯並びはそれほど悪くないのに、口ゴボさんになってしまっている場合もあります。いくつかパターンはありますが、いずれの場合でも、きちんと矯正治療を行えばちゃんと綺麗に治ります。しかも、外科手術など必要なく矯正歯科治療だけで治せますので、安心してください。

口ゴボの原因

それではどうして口ゴボさんになってしまうのか、その原因について考えてみましょう。一番多いのは出っ歯が原因になっている場合ですね。これはもうわかりやすく、前歯が標準よりも前に出てしまっているために、それに押し出されて口元がもっこりしてしまっているというわけですね。また八重歯やガタガタ歯の方も、同様の理由で唇が前に押し出されて口ゴボになってしまいます。
あるいは、顎の骨組みごと標準より前に出てしまっているために口ゴボさんになっている場合もあります。これは骨組みが標準よりも大きかったり、単純に前に形成されていたりすることが原因ですので、ガタガタとかいっさいなく、歯並びは悪くなくても口ゴボになってしまいます。よほどひどくない限りはこの場合も矯正歯科治療だけで治せます。

口ゴボの治し方と適応できる装置

口ゴボはどのようにして治すのか、その治し方について説明いたします。口ゴボを治すためには、前歯の位置をしっかり後ろへ下げる必要があります。そのためには、後ろへ下げるスペースをどうにかして確保しなければなりません。もうお分かりでしょうか?そうです、口ゴボを治すためには、抜歯が必要になることが多いです。抜歯することによってできた大きなスペースを使って、前歯をしっかり後ろへ下げていくわけです。
症例によっては、抜歯をせずに歯並びを拡大することによってうまくスペースを作り、前歯を下げていくことも可能なことがありますが、基本的には抜歯をすることが多いのは間違い無いでしょう。

それでは口ゴボの治療に使用する装置ですが、出っ歯さんの状態の症例であればインビザラインでも十分に治せる場合が多いです。あるいは八重歯やガタガタが原因の口ゴボの場合でも同様にインビザラインで治療していくことは可能でしょう。もちろん一般的なワイヤー矯正治療でも治せます。
それに対して、歯並びは悪く無いのに、骨組みのバランスのせいで口ゴボになっているケースでは、いわゆるワイヤー矯正治療の方が綺麗に治しやすいです。理由としましては、歯並びが悪くない症例では、抜歯したスペースを閉じていく際に、前歯の移動距離が長くなってしまうからです。前歯の移動距離が長くなってくると、その角度のコントロールが難しくなってくるんですね。ですので、その場合はより細かな調整ができるワイヤー矯正の方がオススメになるというわけです。

ですが私たち淀屋橋矯正歯科で扱っているワイヤー矯正装置というのは、非常に綺麗なセットを標準で使用しておりますので、意外と目立たないですねと言われることが多いです。またインビザライン治療に対しては、ワイヤー矯正治療を無料オプションとして含めておりますので、インビザラインだからクオリティが低いとかならずに、安心してインビザライン治療もお選びいただけるようになっています。

口ゴボの治療症例

それでは実際の口ゴボの治療症例を見てみましょう。

一つ目の症例は、典型的な口ゴボさんの症例ですね。この方には抜歯をお勧めしましたが、抜歯が怖いということで1度歯を抜かずに治療されたんですね。ですが、治療後のお顔立ちに満足されず、口ゴボの雰囲気がやはり気になるということで再相談に来られ、もう一度抜歯で治療してくださいとなったんです。結果としてはしっかり口ゴボが改善され、横顔のEラインもきっちり獲得でき、本当に別人のように綺麗になられました。少しお顔のラインがシャープになったようですが、体重には変化はありません。ただただ矯正歯科治療だけでこのような効果が現れているんです。ご本人にも大変ご満足していただけました。とても良い治療になりましたね。

もう一つの症例は、もともとお顔立ちが綺麗な方です。顎の骨のバランスも良く、目鼻などのパーツはそれぞれとても綺麗なんですが、ご本人が口元の雰囲気がどうしても気になるということだったんですね。1つ目の症例ほどの口ゴボというわけでは無いのですが、確かに少しもっこりした雰囲気ではありました。ご本人はご自身から抜歯で治してほしいとご希望されました。
歯並び自体はガタガタもほとんどないような状態でしたので、抜歯で治す場合、前歯の後ろへの移動距離が長くなります。ですのでワイヤー矯正(表側矯正治療)でさせていた悪ことをご了承いただき治療に臨みました。結果としてはご覧のように、本当に美しい仕上がりになりました。もともと綺麗な方でしたので、その雰囲気はまるで女優さんのようになっています。ご本人も本当に満足されておられましたし、治療後になさったご結婚式ではご親族やご友人に、以前にも増して本当に綺麗になったねとたくさん言っていただいたようで、まるで自分のことのように嬉しいエピソードでしたね。

まとめ

いかがでしたか?口ゴボはきちんと治ります。そして外科手術も必要ありません。矯正歯科治療だけでちゃんと治ります。
ですが、きちんとした治療結果のためには、最初の診断と治療計画が本当に重要です。きちんとした治療計画と治療テクニックが両立されていないと、治療結果は大きく影響を受けてしまいます。

なんでもマウスピース型矯正(インビザライン)じゃできないわけでもありませんし、またワイヤー矯正じゃなければダメというわけでもありません。どういった治療方法が適切か、その見極めやデザインする力というのはとても重要な要素です。ですので矯正治療はきちんとした矯正専門のクリニックで受けていただきたいですね。

矯正治療は本当に良い治療です。悩まれている方々は、ぜひ勇気を出してご相談にいらしてください。

時間の流れは止まってくれません。今こそ美しい笑顔を獲得して、輝かしい笑顔で新しい自分をスタートしましょう。

articles